HOME > マサキの特徴

マサキ
左から、銀マサキ、金マサキ、べっ甲マサキ(ウチフマサキ)、黄金マサキ、青マサキです。


098e.png
↓それぞれのマサキの写真はクリックすると拡大してご覧いただけます↓



黄金マサキ写真はクリックすると拡大してご覧いただけます新芽が鮮やかな黄金色の美しい樹木です。生垣や庭園に利用され、今後は街路樹としても期待されます。

ただひとつ注意しなければならないのは、日かげや直射日光が十分当たる場所に植えないと、きれいな黄金色が出ないことです。

098e.png



青マサキ写真はクリックすると拡大してご覧いただけます青マサキの突然変異と思われます。葉っぱの外側に、黄金の模様がはいった品種で、一般にはフイリマサキとも言われ、斑入りの品種で、とてもおしゃれな樹木です。

黄金の模様は、季節によって濃淡が変化します。

098e.png



銀マサキ写真はクリックすると拡大してご覧いただけます金マサキに対して、こちらは銀マサキと言われるもので、葉の外側にはいる斑の色が銀色っぽく、とてもクールで上品な雰囲気があり、ステキな木です。

これも、季節によって濃淡が変化するので、年中楽しめます。

098e.png



べっ甲マサキ写真はクリックすると拡大してご覧いただけますこのべっ甲マサキは、内斑マサキとも言われ、金マサキの外斑に対して、内側に斑が入った珍しいもので、斑の黄色も金マサキの色より濃く、コントラストがきれいです。

まだ、生産量は少ないようです。

098e.png



青マサキ昔からある最もポピュラーなマサキですが、緑一色で飾らないところがシンプルで、そこが魅力でもあります。

新芽の出る4月~は、春のさわやかさを感じます。

098e.png


ここに紹介したマサキたちは、みんな枝がわりと言われ、突然変異による物と思われます。
マサキの仲間は、枝がわりが起きやすいと言われています。ご自宅の庭に植えてみて、変わった枝葉が出るということも珍しい事ではありません。
そういった楽しみ方もあるわけです。 チャレンジしてみませんか!!